日本コストエンジニアリング株式会社 ロゴマーク

コスト工学・図書シリーズ

背景・根拠

コストテーブル | コスト工学・理論と実践

 

◇ダウンロード版は法人用・国内版限定です。◇

書籍の概要

本書は、フロントローデイングから業績評価までの経営管理におけるすべての物や行為行動(5M)について、設計仕様段階からもれなく原価(コスト)との因果関係とその根拠を明らかにし、真の原価を導き正しい業績評価を可能にする実践マニュアルとして、ご活用いただけます。

「第1章」「価値工学の実践技法」では、製品原価コンセプト設計から事業として必達すべき絶対原価の設定と顧客仕様から基本機能を導き、機能分野設計と原価割付け手法について、コストデザインシステムであるCACシステムを援用し解説してあります。

「第2章」「生産工学の実践技法」では、標準原価計算を具体化するために、物づくり工程の科学的、統計的データをプレス板金加工、切削加工、樹脂成形加工の各業種について標準原価計算基準(データベース)制定してあります。源流設計段階で本章・標準原価計算基準(データベース)活用により、所定の工程設計が正確、迅速に可能となり、現場ラインへの標準原価(標準時間・標準工数)の投入ができ、工程製作目標管理(成果把握)が飛躍的に向上します。

「第3章」「原価工学の実践技法」では、工場ラインへ流し込まれた標準原価と実際原価の把握から製造工程上の課題を定量的かつ工程箇所別に識別することが可能なことから、原価責任の所在や原因を明らかにする仕組みとコンピュタを活用した推進事例を著してあります。この方策により経営管理の能率化を図る事が期待できます。

「第4章」「管理工学の実践技法」では、部門別経営計画執行ないし予算執行及び製品標準原価と実績原価等について執行結果としての業績管理について実践法を記してあります。具体的には、業績管理推進のための管理会計を導入または整備したときの組織のあり方、部門責任制や業績評価の損益ルール制定法など具体的な経営指標評価事例について著してあります。

 

◇ダウンロード版は法人用・国内版限定です。◇

本書の内容(目次)

書籍内容の詳細・価格
  • 【第1章】価値工学の実践技法

    • [1]原価計画の概要

    • [2]経営計画と原価計算の関連

      • 1.原価管理会計とその役割
      • 2.原価計画(コストプランニング)の機能
      • 3.高付加価値製品の原価作り込み手法
      • 4,見えない原価を理論的に作るFCD手法
      • 5.ものづくり前に二つの理論原価を作る
    • [3]原価計画の実際

      • 1.原価計画システム化の推進
      • 2.機能原価展開法による絶対原価の作り込み
      • 手順1)製品収益性コンセプトの設定
      • 手順2)製品損益計画の設定
      • 手順3)絶対原価の創り込み
      • 手順4)顧客要求条件の定量化
      • 手順5)目標損益計画の具体化
      • 手順6)基本機能(ユニット確定)の原価割付
      • 手順7)機能分野設計と原価割付
    • [4]機能設計とVE原価割付技法

                
  • 【第2章】生産工学の実践技法

    • [1]標準原価計算と予算統制

      • 1.価計算制度とその諸概念
      • 2.製品の標準原価計算基準の考え方、捉え方
      • 3.標準原価計算基準の設定法
    • [2]標準原価計算基準の構築

      [手順1.標準原価計算の理論武装]

      • 1.標準材料費計算基準論
      • 2.標準時間計算基準論
      • 3.加工費率計算基準論
      • 4.標準管理間接費の算定技法
    •       

      [手順2.ワークセンターの設計法]

                
    •          
    • [手順3.標準材料費計算基準データ]

      • 1.鉄鋼材料の選択基準
      • 2.鋼材使用量の計算基準
      • 3.樹脂材料の選択基準
      • 4.樹脂材使用量の計算基準
      • 5.材料単価基準テーブル
    • [手順4.工程設計技術基準データ]

      1,工法選択基準データ
      • 1.塑性加工法選択基準(プレス工法)
      • 2.除去加工法選択基準(切削加工)
      • 3.溶融加工法選択基準(樹脂成形工法)
    • 2.設備機械選択技術基準データ
      • 1.プレス加工能力算定基準
      • 2.切削加工能力技術基準
      • 3.最適成形機能力決定基準
    • 3.金型・工具選択技術基準データ
      • 1.プレス金型選択技術基準
      • 2.切削工具選択技術基準
      • 3.樹脂成形金型選択技術基準
    • 4.加工工程決定技術基準データ
      • 1.プレス加工工程数決定技術基準
      • 2.切削加工工程決定技術基準
      • 3.樹脂成形工程設定技術基準
    • 5.加工条件設定技術基準データ
      • 1.プレス加工条件設定技術基準
      • 2.切削加工条件設定技術基準
      • 3.樹脂成形加工条件設定技術基準
    • 6.加工工程別時間算定理論式と援用基準データ
      • 1.プレス加工工程技術算定基準
      • 2.切削加工工程技術算定基準
      • 3.樹脂成形工程技術算定基準
    • [3]標準原価計算基準の運用技法

    • [1.職種別標準加工コストテーブルの活用法]

    • [2.プレス金型コストテーブルの活用法]

    • [3.工程設計書の作成要領]

    • [1).プレス加工工程設計の実際]

      • 1.工順表(加工工程順序)作成法
      • 2.工程設計書の作成法
      • 3.標準コスト算定見積書の作成
    •          
    • [2).切削加工工程設計の実際]

      • 1.工順表(加工工程順序)作成法
      • 2.工程設計書の作成法
      • 3.標準コスト算定見積書の作成
    •          
    • [3). 樹脂成形工程設計の実際]

      • 1.工順表(加工工程順序)作成法
      • 2.工程設計書の作成法
      • 3.標準コスト算定見積書の作成
    •          
    • [4.標準原価計算のシステム化と実行例]

      • 1.標準原価計算技術情報システム化(プレス実行例)
      • 2.標準原価計算技術情報システム化(切削加工実行例)
      • 3.標準原価計算技術情報システム化(樹脂成形実行例)
  • 【第3章】原価工学の実践技法

    • [1]部門別計画遂行へ向けた最善化活動(PFM)

             
      • 1.PFM推進活動の理解
      • 2.経営戦略とPFM最善化活動
      • 3.PFM最善化活動とは、
      • 4.PFM最善化活動の実行環境整備
      • 5.部門別課題の明確化(抽出)
      • 6.部門別課題の最善化活動
      •           
    • [2]標準原価管理の進め方

             
      • 1.原価管理の目的と考え方
      • 2.直接原価管理の進め方
      • 3.直接原価計算の展開法
      • 4.経営計画と標準原価計算基準
      • 5.標準原価の種類と定義
      •           
    • [3]標準原価の工場ライン投入

                   
      • 1.開発設計から生産現場への標準原価の流し込み法
      • 2.生産部門での原価保証実行プロセス
      • 3.生産部門に於ける原価保証の考え方、取り組み方
      • 4.CAC・コストマネジメントシステムの位置づけ
    •          
    • [4]標準原価管理(コストマネージメント)の実際

      • 1.機種別原価実行状況の確認
      • 2.ユニット別原価創り込み達成状況の確認
      • 3.原価実行状況の確認
      • 4.実績原価の入力BOM出力
      • 5.原価差異分析と差額要因解析の進め方 
    • [5]製品の損益性分析評価法

                   
      • 1.限界利益と付加価値の関係
      • 2.製品別総限界利益の算定法
      • 3.製品別収益性分析の手順
      • 4.製品別収益性分析諸表
      •           
  • 【第4章】管理工学の実践技法

    • [1]業績評価の目的とねらい

    • [2]業績評価が可能な組織のあり方

    • [3]業績評価が可能な体制のあり方

      • 1.事業部門別の推進組織のあり方 
      • 2.部門別•課別業績貴任制のあり方
      • 3.プロフィツ卜•コストセンター
    • [4]業績管理会計の導入定着とシステム化

      • 1.業績管理会計とその領域
      • 2.業績管理会計と有用性
    • [5]正しい業績評価の原理原則とルール制定法

      • 1.部門別総利益と振替価格の把握法
      • 2.社内振替価格の設定基準
      • 3.市価基準の考え方と振替価格の決め方
      • 4,標準価格の考え方と振替価格の決め方
      • 5.原価基準の種類別運用上の問題点
      • 6,振替価格の決定手続と方策
      • 7.献利益と直接損益計算の展開法
      • 8.管理・間接費の合理的配賦のしかた
      • 9.部門・部署別の資産管理と社内金利計算のしかた
      • 10)部署別損益計算ルールとその適用法
    • [6]業績管理指標と業績評価基準

             
      • 1.正しい業績評価とその目的
      • 2.確かな業績評価の取り組み方
      • 3.利益の各段階と責任者の定め方
      • 4.業績評価基準の基本的な考え方
      • 5.業績基準の設定と評価の実際
      •           
   

◇ 書籍購入前にパンフレットで内容見本をご覧下さい。◇

コストテーブル内容見本公開中


 

◇ダウンロード版は法人用・国内版限定です。◇

CD/ROM版・ご購入はこちら

書籍の詳細情報

タイトル
コスト工学・理論と実践アニュアルm
ダウンロード版及びCD-ROM版
著者
与那覇三男 著
国会図書館で著書を参照する
シリーズ名
コスト工学・電子図書シリーズ!
出版地(国名コード)
JP
出版地
東京
出版社
日本コストエンジニアリング株式会社
初 版
2008年
最新版
2018年度版
大きさ・容量等
CD-ROM 1枚 ; 12cm + 説明書 1枚
ホルダー入 (32×23cm)
ISBN
978-4-908684-18-0
価格
84000円
JP番号
22864000
NDLC
YH231
NDC(9版)
336.85 : 経営管理
対象利用者
一般
資料の種別
電子資料
DVD・CD
文書データ
言語(ISO639-2形式)
jpn:日本語

創作・著者紹介

与那覇三男 写真

 経営工学士 与那覇三男 (M.yonaha)

沖縄県宮古島市下地字与那覇出身 法政大学卒 日本電気(NEC)、日本精密機械㈱、ジエムコ日本経営・経営コンサルタントを経て,現在、工業物理学作家。

IE、VE/VD、PFM技法を駆使した製品設計時点に於けるコストのデザイン指導やIT・プロフィット・フロント・コストローディングシステム(PFM)の開発,工法・工程設計技術の指導,開発技術購買の指導, 工場管理最善化指導コンサルティングなど,徹底した三現主義を指導理念に、世界市場に於けるもの作り基準データベースを中核に工場管理会計、管理工学の実践指導グローバルエンジニア。

高度ポリテクセンター・コスト工学講師。東京都大田区田園調布在住。

>創作変遷はこちら

CAC搭載システム・Professional版

背景・根拠