日本コストエンジニアリング株式会社 ロゴマーク

コスト工学・図書シリーズ

背景・根拠

コストテーブル | コスト工学図書:樹脂成形コストテーブル便覧

 

◇ダウンロード版は法人用・国内版限定です。◇

書籍の概要

本書は、樹脂成形工場で物づくりした時の「作る立場」に立った工程設計プロセスについて、作業測定された客観事実を標準コスト(標準加工時間×標準加工費率)に置き換えてテーブル化してあります。標準時間は、ある作業について「かくあるべき」という作業のやり方や作業条件に対する時間です。つまり、この設備・機械で作業するのに「かけるべき時間・工数」は、この値が理論的、科学的に「妥当であり世間一般に客観実証されている結果である」という筋合いのものです。一方、標準加工費率は、管理会計思想に基づき最新技術水準や管理水準をベースに単位時間当たり標準設備費、労務費、管理費から成り立ちます。(尚、コストテーブルの構築背景や設定根拠などを要する場合は上記関連図書の「標準原価計算テーブル便覧・樹脂成形編をお薦めします。)

「第1章」では、標準コストの理論構成や基本的な考え方や捉え方を述べた後、測定技法 としてフル活用されたJWF法の抜粋を啓蒙用に紹介してあります。

「第2章」では、では、成形コスト算定の前提条件となる成形技術条件(成形材料費の求め方基準、成形機能力算定基準、取り数決定基準など)がテーブル化されております。

「第3章」では、一般に多くの用途である樹脂成形品の射出成形機(二色成形機)を主工程とし、二次加工(ゲートカット・・など)について正味の作業測定をしてあり適用材質(ABS・・)レベルでテーブル掲載されています。

「第4章」では、標準加工費率(円/分)の理論的な考え方、計算のしかたを詳細に述べた後に、客観的事実としての標準加工費率(設備費率、労務費率)を工程別、機械別に算出一覧表に掲載してあります。

 

◇ダウンロード版は法人用・国内版限定です。◇

CD/ROM版・ご購入はこちら

本書の内容(目次)

書籍内容の詳細・価格
   

◇ 書籍購入前にパンフレットで内容見本をご覧下さい。◇

コストテーブル内容見本公開中
 

◇ダウンロード版は法人用・国内版限定です。◇

CD/ROM版・ご購入はこちら

書籍の詳細情報

タイトル
樹脂成形コストテーブル便覧
ダウンロード版及びCD-ROM版
著者
与那覇三男 著
国会図書館で著書を参照する
シリーズ名
コスト工学・電子図書シリーズ!
出版地(国名コード)
JP
出版地
東京
出版社
日本コストエンジニアリング株式会社
初 版
2000年
最新版
2018年度版
大きさ・容量等
CD-ROM 1枚 ; 12cm + 説明書 1枚
ホルダー入 (32×23cm)
ISBN
978-4-908684-07-4
価格
64000円
JP番号
22683565
NDLC
YH231
NDC(9版)
336.85 : 経営管理
対象利用者
一般
資料の種別
電子資料
DVD・CD
文書データ
言語(ISO639-2形式)
jpn:日本語

創作・著者紹介

与那覇三男 写真

 経営工学士 与那覇三男 (M.yonaha)

沖縄県宮古島市下地字与那覇出身 法政大学卒 日本電気(NEC)、日本精密機械㈱、ジエムコ日本経営・経営コンサルタントを経て,現在、工業物理学作家。

IE、VE/VD、PFM技法を駆使した製品設計時点に於けるコストのデザイン指導やIT・プロフィット・フロント・コストローディングシステム(PFM)の開発,工法・工程設計技術の指導,開発技術購買の指導, 工場管理最善化指導コンサルティングなど,徹底した三現主義を指導理念に、世界市場に於けるもの作り基準データベースを中核に工場管理会計、管理工学の実践指導グローバルエンジニア。

高度ポリテクセンター・コスト工学講師。東京都大田区田園調布在住。

>創作変遷はこちら

CAC搭載システム・Professional版

背景・根拠